やる気が出ない時に試して欲しい、やる気が出る方法。

過去に燃え尽き症候群を2回経験した時に学んだ、

「やる気が出ない時に試して欲しい、やる気が出る方法。」

 

そんな動けなくなってしまって人に、

こころの処方箋を出していきたいと思います。

 

 

やる気を出すための効果的な8つの施策

 

まずは一般的な方法

 

・とにかく始めてみる

・軽い睡眠を取ってみる

・軽い運動をしてみる。

・他の人とやってみる。

・目標を分割して、ハードルを下げる。

・場所を変える。

・少し掃除をしてみる。

・やったことによって得られる楽しいことを想像する。

 

 

とにかく始めてみる

やる気のメカニズムを理解するのに大切な脳の仕組みです。

「脳はやりはじめないと、やる気は出ません。脳の側坐核が活動するとやる気が出るのですが、側坐核は、何かをやりはじめないと活動しない。」

 

出来ることから動いてみる。ドMな粗治療です(汗)

 

 

 

軽い睡眠を取ってみる

個人的には凄く好きです。

やる気がでないなら、出るまで寝て待ちましょう。

 

くれぐれも自己嫌悪に陥らないように。

いつも頑張ってくれている自分にありがとうの気持ちを

伝えてあげて下さい。

 

 

 

 

軽い運動をしてみる。

散歩とか気持ち良いです。

出来ない場合は、部屋の中でストレッチや筋トレなど。

 

脳と体は直結しています。
適度な運動は、脳を活性化させ、やる気を呼び起こします。

 

 

他の人とやってみる。

ずっと一人で作業は、悶々としてきます。

一緒に作業する人がいると

喫茶店で作業も共同作業感覚でます。

 

 

 

目標を分割して、ハードルを下げる。

小さな目標を達成し続けると、脳の神経の配線が組み替えられ、やる気に繋がる神経伝達物質がより生成されるようになるとのこと。

「努力⇒失敗」というパターンではなく、「努力⇒目標クリア」というパターンを脳に憶えさせることが、重要なのです。

 

そのために目標を小さく分割し、成功パターンを脳に刷り込む必要があります。

ベイビーステップです。

 

 

 

場所を変える。

作業をする場所を変えてみる。

同じ作業でも全くクオリティーが変わってきます。

 

 

少し掃除をしてみる。

掃除をすると心が晴れます。

掃除機かけると空気がきれいに感じますよね。

 

 

 

やったことによって得られる楽しいことを想像する。

コレは結構重要です。

やる意味がわかっていないと行動する気がそもそも起きません。

 

この作業をすることによって喜んでくれる人の顔を想像しながら作業をすると

良いアイデアが生まれてくると思います。

 

 

 

まとめ

やる気に関してはまだ「精神論」が幅を利かせがちですが、科学者達は日々、研究を重ね、脳の仕組みを明らかにしつつあります。

どうしてもやる気がでない時に、試してみても良いかもしれません。

 

 

それでも動きたくなかったら、やらないという選択をするタイミングなのかもしれません。

無理や頑張りは長続きしませんから。

 

 

 

今日おすすめの本はこの本

頑張らずに生きる生き方が書いてあります。

 

 

 

運命におまかせ

 

衝撃的な本を読んだので記事に書き留めておく。

 

 

ちょっと頑張るのに疲れてしまった人に処方箋です。

 

 

 

 

 

結構衝撃的内容で、運命はほぼ決まっているという事。

 

引き寄せや自己啓発、人生の分岐点や本人が起こす行動などは

周りを取り巻く環境の全体の中の一つの歯車として存在するので、

個人がジタバタしたところで変わらない。

 

宇宙ができた時に全て物事が決まっていたという話。

 

僕たちは突き詰めて行くと物も、人も、光も、心も、粒子でできている。

其の粒子が振動し、共鳴したりして実体化し、それを僕らは経験している。

 

占星術四柱推命占いとか、有名な3000年前の人が書いたアガスティアの葉

(自分の人生が3000年前の葉っぱに全て書かれている。親の名前とか自分の名前や

人生に大きな出来事などが全て書かれている葉がある。)

これらがなぜあたるかというのはこういうことらしい。

 

僕らの持っている粒子はビリヤードのたまと同じ(但し摩擦が無いのでボールは止まらない)

宇宙の始まりとされているビックバンがビリヤードで言うブレイクショット。

 

但しボールが止まらないので動き続ける。

 

ビリヤードは玉の動きが決まっていますよね。

 

どう動くかが決まっているから占えるし、3000年前の葉に自分の人生を予測することが出来る。

 

 

どんな状況であれあなたの経験が人類に必要なので、今この状況があると言うこと。

 

 

世の中の自己啓発本や宗教、様々なものをある意味根底から

ひっくり返す様な内容ですが、読んでいて妙に納得する内容でとても面白かった。

 

このタイミングでこの本に出会うとは、これも運命。

 

努力に疲れてしまった方に是非読んで欲しい一冊だ。

 

 

 

やる気が出ない時の処方箋

頑張りすぎてる現代人に心が楽になる処方箋。

 

人に教えてもらって確かに!!と思ったことを伝えるね。

 

なぜ?世界中でホームレスは同じあるきかたなのか?

背中を丸めてゆっくり動く。寝っぱなし。

見るからにやる気が出なさそうな姿勢だ。

 

少なくともやる気満々な感じで、胸を張って爽快に歩くホームレスを見たことはない。

 

 

逆に魅力的な芸能人で背中を丸めて、のそのそ歩く人も見たことがない。

 

ふと自分に元気が出ないでやる気も出ないときは、気をつけて自分を観察してみよう。

恐らく下を向き、歩きはノソノソになっているかも???

 

 

思考と体はつながっている。

だからやる気がでない時ときは、気持ちでやる気を出すのではなく

胸を張って早歩きしてみると元気が出るよ!!

 

 

もしやる気が出ない時は、この処方箋を想いでして実践してみてください(笑)

 

あなたは大丈夫!!

応援しています!!

 

 

本の処方箋はこちら

 

 

 

ピンチを切り抜けるおまじない

今日の人生の処方箋はピンチを切り抜けるおまじない

 

「あの人ならどうする?」

 

コレ凄く大切です(笑)

 

 

そもそも大前提は今の自分解決できない事は

起こらない。

 

そして、問題と解決方法は一緒にやってくる。

 

今の自分のピンチを切り抜ける方法は、自分よりも

先に行っている先輩に聞けばいいんですよね。

 

 

だからピンチになったら、こうおまじないするんです。

「あこがれのあの人だったらどうする?」

 

するとあら不思議。

見えてくる世界や、選択肢が変わりませんか?

 

ぜひ「ピンチを切り抜けるおまじない」

この処方箋覚えておいて下さいね。

 

しんぱいしなくてもだいじょうですよー(笑)

 

 

 

本の処方箋はこちら!!

 

 

 

 

 

 

 

 

鬱かな?無理をしない自信の取り戻し方

僕も仕事面で、人生の流れがうー苦しいという時期が2回あった、

頑張ることができなくなって、10年務めた会社もやめてど~するかな~と

少し、周りから見れば自分探しに行ったように見える時期がありました。

 

 

そういう時期ってなんしょうね?自信が無くて本当に何も出来ないんですよね(笑)

医者に行ってないから、わかな無いけど鬱なのかな?と思いました。

ただ鬱って「自分の感情に素直になれ病」だと思います。

やりたくないことを自分にさらにやらせようとするから、気持ちを病む。

 

 

自分の本音がやめてくれーと教えてくれているんですよね。

それでも辞めないと病気を作り強制的に止めてくる。

脳はよく出来ている。

 

 

こういう流れは毎回感じますよね。

 

 

 

ただ解っていてもなかなかそういう時期は辛いものです。

自分が情けなくなるくらい「頑張る」と聞くと胸がもやもやしてくる(笑)

 

 

そんな時に本を凄く読み漁ったんです(笑)

それこそ自信を取り戻すじゃないですけど。

 

 

ただそもそもが、自信はつけるものじゃないんですよね。

元々あるもんなんですよね。

 

 

足すんじゃないんですよね。

足してくとまた重くなっちゃうんですよ(笑)

 

 

みんな偽りの自信という甲冑や、鎧を着て自分を世の中から守ってるんですよ。

 

俺はコレが出来るからスゴいんだー。とか

 

自分のコレが価値があるんだ~とかとか

 

 

要は条件付きの自信しか、僕はつけていなかったんですよね(笑)

 

コレ少し脱線しちゃうけど、愛情とかもそうです。

 

 

いつの間にか条件付きの愛情になるから、あんなに愛し合って

いたのに喧嘩をするようになるんです。

 

 

あれしてくれないから好き、コレやらないから

嫌い。

 

 

いつの間に条件付き・・・(笑)

 

 

付き合える前って、いてくれるだけでいいと

思って愛してましたよね。

 

 

何もしなくていいから側にいてくれればいいと。

無条件の愛でしたよね。

 

 

子供に対してもそう。

コレをしたからいい子。

これをしないから悪い子。

 

 

条件付きのいい子。ということを

子供に対してしてしまった時期がありましたが、

そんなの本当は関係ないですよね

 

 

無条件に自分の子供はかわいいし、愛おしいのです。

 

 

だから自分の自信の付け方も何も出来ない無条件でいいのです。

何かが出来たからスゴいのではないのです。

 

 

何も出来なくてもあなたはスゴいのです。

そうゆうことにするのです。

何かできないと価値が無いではないのです。

 

 

何も出来なくてもあなたは素晴らしのです。

だから何も出来ない自分を素晴らしいと認めてあげて下さい。

 

 

 

僕はコレを教えていただいた時、とてもホッとして

嬉しかったです。

 

 

同じふうに感じていただけたら、処方箋としたは最高ではと思います。

 

 

最後にもう一つ。

「鬱かな?無理をしない自信の取り戻し方」

の日々の行動に対する処方箋はこちら!!

 

 

何か出来たらガッツポーズをとる!!

 

朝予定通りに起きれたらガッツポーズ!!

 

気分良く出来たらガッツポーズ!!

 

人を笑顔に出来たらガッツポーズ!!

 

 

コレやるだけでセルフイメージが「上手く行ってる」と感じ

脳が「快」になり楽しくなって自信も戻ります。

 

 

当たり前の事を当たり前と考えずに、小さなことが出来たら

自分をガッツポーズでいっぱい褒めちゃって下さい。

 

 

 

 

今日の処方箋の本はこちら

 

 

 

自分に何が出来るかわからない

今日は、精神的なお話をしてみましょうか。

「自分に何ができるのか」を考えても、分からない、というお話です。

結構悩む人多いと思います。

 

僕もコレは大分悩みました。

 

処方箋になれば幸いです。

 

 

「自分に何ができるのか」の背後にある思考

僕の人生は割りと自分のやりたいようにやらせていただいて、ベースを作って

燃え尽きる(笑)

 

みたいなところが合って、其のたんびにこの悩みが出てきます。

すると、不安になったりして、「自分に何ができるんだろう?」とか考えるものなんですよね。

「自分ができることで、人が喜びそうなこと」を探そうとするんですよ。

 

でも、私は今までほとんどの場合、そんな「自分ができることで、人が喜びそうなこと」ってのは、思いつきませんでした

今考えてみるとそれは当然で、それが分かっていたらやってますからね(笑

「自分ができることで、人が喜びそうなこと」が分からないから、「自分に何ができるんだろう?」とか考えてしまうわけです。

堂々巡り。困ったものです。
いわゆる、ネット回線も何もない部屋の中に閉じこもったままで、「自分に何ができるんだろう?」と考えているようなものですね。
まあ選べる情報がないので困ってるわけで、やはりインプットしないと選択肢は増えませんよね(笑)

だから、「自分に何ができるんだろう?」と悩んでいる時点で、その答えは見つからないものなんですよ。

更にその場で考えても、答えは何も見つからないと。
私自身でも、この負のスパイラルにはまってしまって、2ヶ月ぐらい何も手につかずに悩み続けた時期もありました。

そして、やっぱり考えても分からなかったんですよね。

「今までやりたかったこと」が、新しい世界に導いてくれる

そういう場合に必要なのは、考えることではなくて、何でもいいから動いてみることかなと思います。

閉じこもった部屋から出てみることですね。

そして、「今までやりたかったことをしてみる」ことかなと思います。

取り敢えず手当たり次第にやってみる。

僕の場合は、公園に散歩に行くとか、旅行に行くとか、ドライブに行くとか

映画を見るとか、一番簡単なのは本屋さんに行くかな?

それこそ図書館なんかは本を読みまくりますよね(笑)

実は、「本当はやりたかったこと」ってのは、うすうす感じているものなんですよ。

それをしている人に嫉妬していたり、それを見ないようにしていたり、憎んでいたりするものです。

自分から目をそらして、それを見ないようにしているだけで。

「やりたいこと」から目をそらすから、「人に喜んでもらいたい」という報いや報酬を求めてしまうわけですね。

「無報酬でもやりたいこと」とか、「お金を出してもやりたいこと」に少しでも着手できると、思考が変わり始めます。

次第に、「これをずっとやって生きていけたらなぁ」とか思うようになるんですよ。

そこから、智恵が出てくるわけですね。

まとめ

そんな感じで、悩んだ時は、「誰かに喜んでもらおう」と考えを突き詰めるよりも、「やりたかったこと」を勇気を出して行動することの方が効果があるんじゃないかと思います。

とりあえず、動いてみると。

すると、僕の場合はそこから次の道が見えることが多かった気がします。

ということで、今日は「自分に何ができるのか」を考えても、分からない、というお話でした。

今日の処方箋はここまで。

 

 

[template id="962"]

何でこんなに苦しいの?

今日の心の処方箋のお題はこちら

 

「生活をしていて、なんでこんなに苦しいの?」

 

僕の例、サラリーマン時代に会社の方針が変わって、

苦しくなって続けられなくなって10年間、勝手な恩返し感覚でしたが

一生懸命会社を大きくしようと

愛情を注いだ会社を辞めた。

 

 

あんなに楽しかったのに、最後の方はその場にいるのも本当に苦しかったのを覚えている。

時代の流れとともに会社も人も変わっていく。

 

だから苦しくなったのはお互いに成長して、別々の道に行っただけだと

自分で解釈した。実際今思えばそうだと思う。

 

仕事がつまらなくなって色々考えた。

楽しかった仕事が何でこんなに苦しく感じるか?

 

 

 

 

色んな本をよみあさったら、こんなことが書いてあった。

 

困ってる人の処方箋になれば幸いです。

 

 

「なんでこんなに苦しいの?」

 

それは自分が、自分らしくないから苦しくなると教わった。

 

魚が陸にいたら苦しい。

 

鳥が水の中にいたら苦しい。

 

自分が自分らしくないから苦しい。

 

自分らしく無く、周りのみんなと同じことをやってるから

苦しくなる。

 

 

じゃ自分らしくとは一体なんぞや?と思ったら

こう書いてあった。

 

 

「今あなたが怖がってやっていることをやめて、

怖くてやっていないことをやればいい。」

 

???

 

 

今まで学んできた

 

安全に生きるための鎧(方法)を脱ぐこと

 

常に頑張って戦うこと。

 

勝ち負け、上だ下だにこだわること。

 

見返してやろう、認めさせてやろう、すごくなろうをやめる事。

 

自分はこういう人間だからと決めつけることをやめる事。

 

 

つまりは憧れの自分以外の存在になろうとしないこと。

 

それが自分らしく生きるということ。

 

 

ありのままの自分を認め

本当はやりたいが怖くてやっていないことをやればいい。

 

 

僕も凄く怖かったです。

でも一歩行くと後は進むだけですから(笑)

 

 

 

 

 

今日の処方箋の本はこちら