読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンチのときは棚卸しのチャンス

ピンチのときは棚卸しのチャンス

あなたは今の状態にどれだけ満足が出来ていますか?

 

もしかしたら現状に不満を感じているかもしれません。

今欲しいものはなんですか?

愛ですか?お金ですか?時間ですか?

手に入ったら幸せですよね。

 

欲しいものは

人により様々だと思います。

 

 

 

ただ、欠乏感から来る欲求は願望を達成しても

直ぐに又、違うものが欲しくなりあたらしい欠乏感が生まれます。

 

収入が増えても欠乏感が強いとお金がぜんぜん残りません。

自分の欠けている気持ちを、もので満たそうとするのでお金ばかり使います。

 

自分の気持の半分しか幸せを感じれない。何故か半分の心は埋まらない。

遊んだり、飲みに行ったり、買い物をするその瞬間だけは欠乏感が埋まる。

 

しかし、又時間が経つと心が半分寂しくなる。

 

私は今までコレの繰り返しでした・・・。

 

単純に欠乏感を感じて、それにフォーカスをして行動するので、

又違う欠乏感が出てくる。

 

コレ宇宙の法則、引き寄せの原理。

 

 

この欠乏感の流れを変えるために必要なのが、次の方法。

 

「今に満足する」

 

 

今の状態に満足するためにいちばん大切な要素は「感謝」です。

どんな大変な状況の中でも、感謝できることを見つけられたら

その人は幸せだといえます。

 

こんな話があります。

今あなたが雨露をしのげる家にいるだけで、世界の80%の人々より

そこだけ見れば幸せかもしれません。

又、今の時代の日本に生まれたということだけで、本当はとても幸せなことです。

 

 

戦争がな時代、電気があること、蛇口をひねれば飲める綺麗な水が出る事、

自由恋愛、素晴らしい気候等、立ち止まって感じれば「今」にとても幸せを感じるのではないでしょうか。

 

特に人生の中で、ピンチの時こそこのような自分の幸せの棚卸しをするのには

ベストなタイミングと思います。

 

身近な幸せを沢山探してみましょう。

 

 

 この本からの気付きでした。

ありがとうございます。